Riot Games (ライアットゲームズ) 社が提供しているオンラインゲームの情報をまとめた総合サイトです。中心的に取り扱っているゲーム / League of Legends(LoL) / VALORANT / Teamfight Tactics(TFT) / League of Runeterra(LoR) / League of Legends:Wild Rift / 5chの反応もまとめています。

【VALORANT】VALORANT のインストール方法、アカウント作成方法、エラー対策など、プレイできるまでの道のりを徹底解説【管理人記事】

2020年06月02日
VALORANT - 管理人記事 0
valo.jpg


 League of Legends でお馴染みの Riot Games社が開発する大型FPSタイトル VALORANT(ヴァロラント) がついに本日リリースされました。同社のゲームである League of Legends はチート対策において完璧と称されるほど評判で、VALORANT のチート対策がもしも完璧なら覇権タイトルになりうるのではないか、と期待を寄せる声も多方面から多く見かけます。

今回は VALORANT の導入方法などといったプレイできるまでの道のりを解説していきます。なお、この記事の最終更新は2020年6月2日です。

※エラーで困っている方も多いと思われますので、記事末尾にエラー対策についての情報を記載しています。情報に間違い、または解決策があればコメントして頂けると幸いです。

まず VALORANT をダウンロードする前に確認すべきこと


 VALORANT を導入してインストールする前にやるべきことをまとめていきます。万が一、インストールして何故かできない!となる前に、まずは、自分のPCが VALORANT のプレイに対応しているかを確認しましょう

推奨スペック (60fps) 
  • CPU : Intel i3-4150 
  • GPU : Geforce GT730 
  • RAM : 4GB 
  • OS : Windows 7/8/8.1/10 (64bit) 

最低スペック (~30fps)
  • CPU : Intel Core 2 Duo E8400
  • GPU : Intel HD 4000
  • RAM : 4GB
  • OS : Windows 7 (64bit)

 最低スペックとは文字通りゲームプレイができる最小限のスペックで、動作はするものの非常に処理落ちが発生する可能性があるため推奨はできないスペック構成となります。基本的に推奨スペック以上のマシンパワーがあれば、VALORANT は問題なく動作します。

 また、現時点(2020年6月2日)では、プラットフォームは Windows のみで、Mac では VALORANT をプレイすることは出来ませんので注意してください。また、スペックの確認方法が分からないよという人は以下を参考にしてください。

Windows 10 での CPU/RAM の確認の仕方

  1. デスクトップ画面の[スタート]をクリックする。
  2. 歯車マークの[設定]をクリックする。
  3. [システム]をクリックする。
  4. [バージョン情報]をクリックする。
  5. [デバイスの情報]にスペック情報が記載されています。

Windows 10 での GPU の確認の仕方

  1. デスクトップ画面の[スタート]をクリックする。
  2. 歯車マークの[設定]をクリックする。
  3. [システム]をクリックする。
  4. [ディスプレイ]をクリックする。
  5. [ディスプレイの詳細設定]をクリックする。
  6. 通常であれば、[ディスプレイ1]に「~に接続されています」という形でGPUが記載されています。


V.jpg

 次に、VALORANT のチート対策アプリケーションである、「Riot Vanguard」について説明します。VALORANT もオンラインゲームという性質上、チート対策が重要視され、様々な対策が投じられています。その一つが「Riot Vanguard」というアプリケーションです。このアプリの動作性について少々議論が行われているということを頭の片隅にでも入れておいたほうが良いかもしれません。

以下が公式による解説となります。

「Riot Vanguard」はライアットゲームズが独自チューンを施したゲームセキュリティソフトで、コンペティティブ・インテグリティ(競技の公正さ)をできうる限りの高い水準で確保でき、維持するよう設計されています。このRiot VanguardはVALORANTの起動に合わせて常駐するクライアントと、カーネルドライバが併用されています。

社内で開発されたRiot Vanguardのクライアントとドライバーは、ゲームとPCの安全性を最も重視しています。そのための取り組みとして多種多様な試験を行い、また社内外のセキュリティ専門家にも審査を受けました。

この安全性への取り組みには、利用者のプライバシーの尊重も含まれています。Riot Vanguardの開発に際してはライアットゲームズのデータプライバシーへの取り組みが特に重視され、また各地域のデータプライバシー関連の法律に適合するよう、当社の法務担当チームも開発に参加しました。私たちが収集し、使用するデータについての詳細はこちらの記事でご確認ください。

引用 : Vanguardについて

 Riot Vanguard は、Windows の中核的な存在である「カーネル」にインストールされます。「カーネル」とは、アプリケーションとハードウェア(メモリ、CPUなど)を繋ぐための深い階層に存在するソフトウェアのことであり、簡単に言えばカーネルは単なるアプリではなく、重要なOSの機能なので、カーネル自体を書き換えたり、新たに追加したり、削除したりするのはセキュリティの脆弱性やプライバシーの問題から推奨されない行為なのです。

 更に、Riot Vanguardは PC起動時からカーネルドライバとして実行され、PC終了時まで常駐します。つまり、このソフトウェアがコンピュータのシステムへの常時アクセスによるプライバシー問題、セキュリティ脆弱性等の観点から、アンチチートによる論争が勃発したわけです。

 ただし、Riot Games社はアンチチートを不正な用途にしないという点を強調した上で、Riot Vanguard をユーザーの希望に則って、ゲームプレイ時以外は停止できるように改良しました。こちらからその詳細を確認できます。

 Riot Games社が不正利用するとは正直思えませんが、一応、こんな論争があったんだよ程度で良いので頭の片隅に入れておくことをオススメします。


Riot アカウントの作成方法


 VALORANT をプレイするには、Riot アカウントを作成する必要があります。以下のURLからアカウントの作成が可能です。既にアカウントを持っている方も以下のURLに接続してください。

https://playvalorant.com/ja-jp/

 接続しましたら、[今すぐプレイ]をクリックします。なお、既に Riot アカウントをお持ちの方は、アカウントを新規作成する必要がないので次の手順へ進んでください。アカウントを持っていない方は、[作成する]をクリックしてアカウントを作成しましょう。アカウント作成後すぐにインストールする事が可能です。

※基本的に現在リリース地域以外からの接続は全てエラー表示になるので、地域設定を確認してください。地域設定を[日本]にするとエラーが表示されなくなる場合があります。

※Riot アカウントを他ゲーム(League of Legends 等)と併用する場合は同じ名前になります。ただし以下の手順によりIDが変更できるようです。


※現時点(2020年6月2日)ではアカウントの地域移行はサポートされていないと発表されていますので、エラーが解決しない場合は、新規アカウントを作成してください。問題が解決する場合があります。

VALORANT インストール方法


 公式サイトにてRiot アカウントでログインすると、すぐに VALORANT のインストーラーをダウンロードすることができます。ダウンロードが完了したら、[Install VALORANT] というアプリケーションが [ダウンロードファイル] にありますので、クリックして実行しましょう。

 valoin.png

 Google ChromeMicrosoft Edge 等のウェブブラウザならダウンロードファイルはブラウザの左下に表示されますのでクリックして実行しましょう。
vass.png

 実行すると、以下のようなインストール画面が表示されますので、[インストール] をクリックしましょう。[このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?] というダイアログボックスが出た場合は、[はい] を押しましょう。[いいえ] を押すとインストールが出来ません。

sssaw2ds_202006020821408d5.png

一部のインストール作業が完了すると以下の画面が表示されます。

dadasdada.png

 先程作成した Riot アカウント でクライアントにログインしましょう。[ユーザー名]と[パスワード]を入力してログインしてください。ログインが完了すると、Riot Vanguard 等の追加インストールが始まります。インストール後はパソコンの再起動が必要なので、再起動しましょう。

play22.png

 インストールが完了したら、[PLAY] と表示されますので、[PLAY]をクリックしてゲームをプレイすることが可能です。なお、VALORANT インストール完了後、パソコンを再起動しなかった場合は以下の画面が表示されますので再起動しましょう。

wwdasdasda.png

再起動が完了しましたら、VALORANT を起動してゲームプレイしましょう。

78jjj.png

インストール作業はこれにて完了です。この先はチュートリアルが始まります。

sdsdsds.png




作業はこれにて終了!ゲームをプレイして楽しみましょう!


 ついに待ちに待った VALORANT がリリースされましたね!Riot Games社の期待の新作FPSですから、この瞬間を楽しみにしていた人もかなり多いのではないでしょうか。この夏は VALORANT で遊び尽くしましょう。


多発するエラーの解決策について



1 . VPNによる他地域への早期アクセスは推奨されないとのことです。 現時点(2020年6月2日)では、他地域から一足早くリリースされた地域へVPNで訪れ、その後自分が所属する地域でリリースされた場合については、アカウントの地域移行はサポートされませんので、他地域からアクセス、またはVPNを利用する場合はご注意ください。


※現在 Riot Vanguard によると思われるエラーが多発しているとの報告が多数あります。今後 Riot による発表とパッチによるアップデートがあると思いますので続報を待ちましょう。


2 . 一度クライアントをクリーンインストールすればエラーが解決する可能性があります。下記URLはLoRの場合となりますが、VALORANT でも参考になるかと思われます。


3 . Riot Vanguard によるアンチチートによって常駐アプリがチートとして検出され、それによってエラーが発生している可能性もあります。常駐アプリの起動を最小限にすることによって解決する場合があります。以下のURLは富士通様のQ&Aです。


4 . Riot Games 社による VALORANT のエラーコード一覧です。エラーの表示内容に書かれているエラーコードから原因を検索すると、問題が解決出来る場合があります。


5 . メンテナンス中と表示されてゲームがプレイできない場合は、日本の新規アカウントを作成してください。


6 . VALORANT関係ファイルに日本語等の文字列が入っていると動作しない場合があります。(過去のRiot Games では頻繁にこの問題が起きていました)


7 . VALORANT.exe / VALORANT-Win64-Shipping.exe / vgc.exe を管理者権限に設定すると、解決する場合があります。




8 . PING が異様に高くゲームプレイが厳しい場合は以下が参考になると思われます。またお住いの地域を[日本]に設定すると解決する場合もあります。
関連記事

Riot Games まとめ速報 管理人
Author: Riot Games まとめ速報 管理人
Riot Games (ライアットゲームズ) 社が提供しているオンラインゲームの情報をまとめた総合サイトです。中心的に取り扱っているゲーム / League of Legends(LoL) / VALORANT(ヴァロラント) / Teamfight Tactics(TFT) / League of Runeterra(LoR) / League of Legends:Wild Rift / 5chの反応もまとめています。

Riot Games まとめ速報 は、ライアットゲームズが公式承認するものではなく、ライアットゲームズ又はリーグ・オブ・レジェンドの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。リーグ・オブ・レジェンド及びライアットゲームズは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。リーグ・オブ・レジェンド © Riot Games, Inc.

また当サイトのご利用にあたって、免責事項とプライバシーポリシーをご確認ください。

Comment(0)

There are no comments yet.