Riot Games (ライアットゲームズ) 社が提供しているオンラインゲームの情報をまとめた総合サイトです。中心的に取り扱っているゲーム / League of Legends(LoL) / VALORANT / Teamfight Tactics(TFT) / League of Runeterra(LoR) / League of Legends:Wild Rift / 5chの反応もまとめています。

【LoL】世界的なeSportsプレイヤーである Uzi選手 が引退を発表。今までのキャリアを簡単に振り返ってみる【管理人記事】

2020年06月03日
LoL - 管理人記事 0
uzi.jpeg

 2020年6月3日の15時頃、Royal Never Give Up の公式ツイッターにて、League of Legends だけには留まらず、世界的なeSportsプレイヤーとなった Uzi選手の引退が発表されました。以下が Royal Never Give Up によるツイートです。


 Uzi選手は、世界一のアクティブユーザーを誇る、League of Legends(LoL)の中国のプロリーグLPLに所属するプロプレイヤーで、Faker選手と並びLoL史における重要なプレイヤーの一人とされています。そんな偉大なレジェンドプレイヤーがプロシーンから消える。中国のみにならず世界的なスーパースターであるUzi選手の引退速報は、日本でもツイッターでトレンド入りするほどまでに反響を呼びました。

uziii.png

 一体何故 Uzi選手 はプロシーンから去るという決意をしたのでしょうか?以下はUzi選手のウェイボから引用したものです。※Google翻訳による機械翻訳なので、内容の正確性には欠けていますのでご注意ください。

 みなさん、こんにちは、私はウジです。引退する決心をしたことを誇りに思います。 慢性的なストレス、肥満、不規則な食事、夜更かしなどの理由で、昨年の健康診断で2型糖尿病を発見しました。糖化ヘモグロビン指数は11%に達しており、正常値は6.5%以下であるはずです。過去6か月間、食事の管理、運動、薬の服用を行うためにゆっくりと作業スケジュールを変更しましたが、状況は変わっておらず、薬を服用しているため、精神状態は以前ほど良くありません。それが表示され、加えて、私の元の手の怪我がより深刻であり、私の体調により、戦闘を続けることができません。 長い間、ファンの皆様のご支援とご愛顧に感謝いたします静かに応援していただき、また、この数年で最強のバッキングとなるよう励ましていただき、誠にありがとうございます。 長年のご家族とTingtingのサポート、理解、ケアに感謝します。 最後に、@ RNG电子竞俱乐部のおかげで、あなたの世話と助けをありがとう、私はrngのメンバーであることができて幸運です私は引退しましたが、私はまだrngの一部であり、将来的にrngと一緒に歩きます。
(Google翻訳)
Uzi 選手のウェイボ

 内容を読み取ると、プロシーンにおいてのストレスや、体の酷使による手を故障、更には精神まで疲労してしまい、プロプレイヤーとしてキャリアを進むことが難しくなったとのことです。競技性の高いスポーツでの宿命なのでしょうか、テニスのような一般のプロスポーツにおいても体の故障や精神の消耗に苦しめられている選手も多々見受けられます。非常に残念な形で引退となってしまいました。

 今思えば、Springシーズンでの Uzi選手 は長い間スタメンとして試合に出場しておらず、Betty選手がずっと出場していたり、RNGのSummerのロスターにも登録されておらず、他チームによる獲得情報もありませんでした。

 しかし、Uzi選手は完全にプロシーンを去るわけではなく、将来的にRNGにまた戻ってくると示唆しています。恐らくコーチ等の裏方としての参加だと思いますが、これはとても嬉しい情報ですね。またUzi選手を見ることが出来るのですから。


ビリビリ動画にてUzi選手のインタビュー動画が投稿されています。


Uzi選手の軌跡、これまでのプロ生活

  • 2012年
Royal Never Give Up の前身である、Royal Club にてプロ選手としてのキャリアをスタート、この時からすでに非常に高いメカニクスのプレイヤーが Royal Club に加入したと話題となっていたようです。

  • 2013年
2013年シーズンは国内大会でも優勝し、WCSに出場しました。準決勝も勝利し、後1勝で優勝という所で、LCKの伝説のチームSKTに阻まれストレート負けで準優勝となり、涙を飲む形に。なんとUzi選手はこの時BOTレーナーからMIDレーナーに転向して活躍していた過去があります。

  • 2014年
Royal Clubの名称が Star Horn Royal Club に変わり、よし行くぞ!と意気込んだものの、Uzi選手のMIDも上手く行かず、沢山のメンバーが脱退していきました。悩んだチームは、LCK から inSec と Zero を獲得し、チームは安定しなかったものの、WCSには何とか参加する事ができました。その後みるみるチームは噛み合い始め、なんと決勝まで行くも、立ちはだかるのはまたもやLCK、SSWに優勝を阻まれてしまいます。

  • 2015年
変化を付けたいUzi選手は OMG に移籍するも、序盤は好調だったが、次第に何もかも上手く行かなくなり、国内優勝はおろか、世界大会にも出場できませんでした。

  • 2016年
今度は Qiao Gu Reapers に移籍し、前シーズンと同じく最初は好調だったものの、次第に上手く行かなくなりました。LPLプレイオフに出場したものの、内部問題により、試合の権利を剥奪されたりなどドラブルも多い年でした。WCSには出場できましたが、準々決勝でまたもやSKTと当たってしまい、散っていきました。ちなみにオールスタートーナメントの1vs1でUzi選手は優勝しています。

  • 2017年
LPLでは優勝を逃したものの、Rift RivalsではUzi選手率いるLPLがLCKに勝利し、更にはWCSには参加することもできました。準決勝でまたもやSKTと当たってしまいますが、これが伝説の名勝負となります。結果的には2-3で敗北してしまいましたが、当時1強であったLCKの牙城を徐々に揺るがしはじめました。ついに眠れる獅子が目を覚ましたのだと。

  • 2018年
LPL大躍進の年、絶対王者LCK没落の年でもあります。Uzi選手はついに、MSIでLCKを下し優勝しました。数年の悲願がついに成就しました。この勢いのままWCSにも望みましたが、しかしなんとG2に敗北してしまうというまさかの出来事。しかし、同地域のチームであるIGがWCSに優勝し、ついにLPLが悲願の優勝を果たしました。

  • 2019年
2018年の調子は戻らず、チームとしても個人としても不調の低迷期が続きます。IGやFPX、TOP等同国のチームの躍進とは裏腹に低調かつ怪我に悩まされました。LPL準優勝は決めたものの、WCSで決勝トーナメントにすら望めず、暗い雰囲気が漂いました。

  • 2020年
ほとんどの試合で出場をすることも叶わず、ついに怪我で引退。ファンに惜しまれながらも、LPLを後にしました。伝説的プレイヤーの最後の年となります。

一部引用 https://lol.gamepedia.com/Uzi_(Jian_Zi-Hao)


これからの League of Legends

 Uzi選手は、絶対王者の地域であるLCKの牙城を崩した紛れもない功労者かつ、LPLの地位向上の立役者です。そんな彼が引退するのはeSports界の一種の損失とも取れるかもしれません。スーパースターである彼がプロシーンを後にするのは名残惜しいですが、RNGには残り続けるということなので、ファンにとっても彼の姿をまた見れるのは嬉しいですね。

 KnightやJackyloveといった次世代の若きスーパースターの芽もUzi選手の背中を見て育っていきました。彼らがこの先のLPLを背負う、第二のUziとなるスーパースターになってLPL、世界を引っ張っていくことでしょう。怪我を直してまた元気な姿を見せてくれること楽しみにしています。



【関連記事】

Riot Games まとめ速報 管理人
Author: Riot Games まとめ速報 管理人
Riot Games (ライアットゲームズ) 社が提供しているオンラインゲームの情報をまとめた総合サイトです。中心的に取り扱っているゲーム / League of Legends(LoL) / VALORANT(ヴァロラント) / Teamfight Tactics(TFT) / League of Runeterra(LoR) / League of Legends:Wild Rift / 5chの反応もまとめています。

Riot Games まとめ速報 は、ライアットゲームズが公式承認するものではなく、ライアットゲームズ又はリーグ・オブ・レジェンドの製作・管理に正式に関与したいかなる者の見解・意見に基づくものではありません。リーグ・オブ・レジェンド及びライアットゲームズは、Riot Games, Inc.の商標又は登録商標です。リーグ・オブ・レジェンド © Riot Games, Inc.

また当サイトのご利用にあたって、免責事項とプライバシーポリシーをご確認ください。

Comment(0)

There are no comments yet.